サトウチェストツリーの効果や成分、特徴をご紹介

sato


サトウチェストツリーはチェストツリーにビタミンB6、カルシウムを配合した健康サプリメントです。

ヨーロッパでは昔から婦人病治療にも使われているチェストツリーは、月経不順やPMS、生理中の腹痛、胸のハリの緩和などに数多くの効果があります。

サトウチェストツリーは、チェストツリーをはじめ、ニキビや肌荒れ改善に最適なビタミンB、イライラやモヤモヤを抑えてくれるカルシウムなど女性に嬉しい成分がたっぷり配合されています。



サトウチェストツリーの成分・効果

成分について
dot

POINT1
チェストツリー

chesuto

チェストツリーは、南ヨーロッパから中央アジアを原産とする、クアツヅラ科の植物です。

女性のリズムをやさしくサポートしてくれ、月経不順やPMS症状、生理中の腹痛、胸のハリの緩和などに効果があり、ヨーロッパでは広く女性に用いられているハーブです。


POINT2
ビタミンB6

kodomokususri

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれるビタミンB群の一種で、たんぱく質の分解や合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持してくれます。

また、神経伝達物質の合成にも関わるため、精神状態を安定してくれる効果もあります。
ホルモンバランスを整える働きもあり、PMSやつわり症状緩和など、女性の味方となるビタミンです。


POINT3
カルシウム

gyunyu

カルシウムは骨や歯の構成要素としてだけではなく、体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。

血液中に存在する機能カルシウムの働きは、筋肉の収縮や神経伝達物質を放出し興奮や緊張の緩和、動脈硬化や高血圧の予防、イライラの抑制などさまざまな生理作用があります。





効果について
dot

POINT1
イライラの抑制

ketuekisarasara

PMS症状であるイライラやモヤモヤは、女性ホルモンの乱れによって引き起こされます。

チェストツリーがホルモンバランスを整えるよう働きかけることによって、イライラやモヤモヤ、ストレスを軽減してくれます。

チェストツリーは、地中海やアジアに自生する植物で、ホルモンバランスの乱れを整える働きがあることから「女性のためのハーブ」として広く知られています。


POINT2
生理痛緩和

kenkou2

チェストツリーの果実である「チェストベリー」は、ヨーロッパでは昔から生理痛の薬として用いられていたことがわかっています。

黄体ホルモンは妊娠と深い関係のあるホルモンで、生理になると分泌量が増えます。
すると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと黄体ホルモンとのバランスが崩れ、その結果、心身が不安定になり、さまざまなトラブルが起こることになります。

チェストベリーには、黄体ホルモンの分泌を促進する作用があります。
チェストベリーを定期的に摂取することで、食欲異常や頭痛・腹痛など生理痛を緩和することができます。




サトウチェストツリーの副作用・飲み方

飲み方について
dot

kusurinomikata1

飲み方と目安量

サトウチェストツリーは、1日4粒が目安です

飲む時間ですが明確な定めはありませんので好きな時間に水かぬるま湯で飲んでください



副作用について
dot

nayami5

・サトウチェストツリーは健康補助食品であり、医薬品ではないので副作用の心配はありません。

・食物アレルギーの心配がある方は原材料や成分表をよく確認してから飲むようにして下さい。

・現在通院中の方、薬を服用している場合は念のため担当の医師にご相談下さい。

・女性ホルモンのバランスを整える成分が含まれていますので、現在妊娠中・授乳中の方はお控えください。




サトウチェストツリーの価格

sato


通常購入 価格:2.950円  送料無料
内容量 140粒(約35日分)




▲ページトップに戻る